HOME > ニュース一覧 > 3月1日は「デコポンの日」です

3月1日は「デコポンの日」です

2013.02.28


 果実としての「デコポン」は、平成3年3月1日に熊本県から初めて市場に出荷されました。

 清見(きよみ)タンゴールと中野3号ポンカンを親にもち、果梗部にデコ(凸)が現われやすいのが特徴で、その個性的な外観と優れた食味により市場や消費者から高い評価を受けています。

 「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標であり、品種名は「不知火(しらぬひ)」。その中で一定の基準を満たした物だけが「デコポン」を名乗ることができます。全国統一糖酸品質基準を持つ日本で唯一の果物です。

 平成18年、「デコポン」の初出荷から15周年を迎えるのを契機に、日本園芸農業協同組合連合会が、「デコポン」が始めて市場出荷された3月1日を『デコポンの日』として制定、日本記念日協会に登録しました。

 

 


Copyright© Japan Fruit Road All Rights Reserved.