HOME > ニュース一覧 > 「デスク de みかん」 in 東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区)

「デスク de みかん」 in 東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区)

2015.01.27


このたび、みかんを食べるシチュエーションを提供しようと、「デスクdeみかん」運動の一環として、みかんの消費量の拡大を掲げる学生団体、『東大みかん愛好会』を通じ、みかんサンプリングを1月21日及び23日、東京大学駒場キャンパスで実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

大学の生協食堂と連携し、昼休みにはみかんを手渡しするなどの無料配布活動を終日行い、2日間で合計5000個のみかんを東大生に配布しました。

 

 

 

 

 

 

 

みかんを受け取った学生からは「試験勉強で疲れた身体をリフレッシュ出来た」「一人暮らししてからみかんを食べる機会が少なくなってしまったが、みかんの美味しさを再認識することが出来た」など、喜びの声が上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、配布活動と並行して「一週間の平均的なみかん消費個数」「βクリプトキサンチンの効果周知がみかん消費にもたらす影響」などの項目が含まれる、東大生のみかん消費動向に関するアンケート調査を実施。

 

なお、アンケートの分析結果は、近日中にインターネットで公表予定。

 

 

 


Copyright© Japan Fruit Road All Rights Reserved.