HOME > ニュース一覧 > みかん消費者向けセミナーを開催

みかん消費者向けセミナーを開催

2018.12.03

 11月10日(土曜日)に東京・六本木「東京ミッドタウン」において、一般消費者を対象に、健康と果物に関心の高い、約650名を集めて『「みかんでイキイキ!健康セミナー」~β-クリプトキサンチンの驚くべき効果とは~』(主催:朝日新聞社、後援:日本みかん農協)を開催しました。

 

 

 セミナーでは、基調講演として同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科食品機能学研究室 教授 薬学博士の杉浦実氏により、「ミカンに多いβ-クリプトキサンチンと健康機能性」を演題に、β-クリプトキサンチンの健康効果について講演が行われました。また、ゲスト講演として浜松医科大学健康社会医学講座 准教授 医学博士の中村美詠子氏より、「栄養リテラシーと健康的な食生活」を演題に、健康の保持増進効果が期待されるファイトケミカルや人の集団を対象とした研究の成果、様々な情報を吟味して判断する力を高めていく必要があることについて、講演が行われました。

 

 

 講演後には、東京大学大学院人類遺伝学を学び東京医科大学研究所を勤務後フリーアナウンサーに転身した田村あゆち氏の進行の元、両講師によるトークセッションが行われ、セミナー参加者からの質問コーナーとしてのQ&Aが行われました。

 

 

 セミナー参加者は、入場と同時に配布されたみかんに加え、アンケート回答により、お土産としてさらにみかんを配られ、「これからたくさんのみかんを食べて長生きします」とのご発言をされ盛況のうちに散会しました。

 また、今回のセミナーの内容については、11月30日(金曜日)の朝日新聞朝刊(全国版)において、一面全15段カラー印刷で採録内容を掲載しました(掲載内容)。さらに、朝日新聞デジタル内に特設ページ(http://www.asahi.com/ad/mikan/2018/)を開設してセミナーの模様等を紹介しています。


Copyright© Japan Fruit Road All Rights Reserved.